Just another WordPress site

年齢不問が意味する事

飲食業界の求人における年齢不問が意味する事を探ってみる

飲食業界は、求人欄の常連組でもあります。募集内容には、年齢不問となっている場合も多々あります。勤務先を見つける場合に、男女を問わず、年齢を気にしてしまう事があります。それだけ一般企業などにおいては、実質的には年齢制限を設けている事が多くなっています。どんなに求人広告の記載規定事項があったとしても、人材を選択するのは企業であり、不採用者への不採用理由を詳細に通知する事はまずありません。その点において、飲食業界の場合には、年齢不問というキーワードを使っている事が多く、誰にでも門戸を開放しているケースが多くあります。キーワードを上手く活用する事について掘り下げていきます。

いくら機械化が進んだ現代においても、ロボットが出回ったとしても、飲食業界では、特に接客部門では人材が必要です。逆に考えてみると、機械やロボットが苦手とするのは、『臨機応変性』ともいえます。店舗に来店するお客さんは、その一人が既に売上をもっています。お客さんイコール売上でもありますので、その場で接客、オーダーを取るのは勿論、お客さんのニーズに対応する必要があります。飲食業界には、未だナマの人手が必要だという事になります。求人広告における『年齢不問』は、どんな人でもいいから手伝ってほしい、という店舗側の願いを表している事もあります。

では、年齢不問を生かして、自分のどこをアピールしていくか、については、飲食業界で必要とされる資質を理解する必要があります。調理人の場合には、注文をこなせる調理の腕が必要です。有名店で修行した場合には、それが採用を有利にする事もあります。場合によっては、新規メニューの開発に関わる場合もありますので、料理の腕以外の部分においても必要とされるプラスアルファの力が必要です。ホールスタッフなどの場合には、店側にとっては、やはり客数をこなしてくれる人材を求める事が多くなります。現場を切り盛りし、機転の利く対応ができる事が大切です。

飲食業界における求人で、年齢不問とある場合には、年齢については制限がないという意味でもあります。求人広告には、料理人であったり、ホールスタッフ以外の情報がないまま応募をする場合などもあります。確かに年齢についての条件はなかったとしても、自分の強み、経験、実績などは採用基準になりますので、その点は整理・準備しておくべきといえます。応募条件として、年齢不問とあったとしても、年齢を重ねた分だけの経験について、周囲から見られている場合はあります。新しい事は前向きに覚え、今までの経験は存分に生かせる様に努力していく姿勢も大切なポイントになります。